直して治す治療院

直して治す治療院 |くろしん接骨院

 03-6413-9033

混雑時など電話に出れないことがあります。

予約優先制です

〒154-0022 世田谷区梅丘1-19-10 梅丘アームス1F

院長コラム

第49回『突き指』

更新日:

“突き指”はとても多いけがの一つです。突き指といっても、これは「指を突いて傷めた」ということ。あくまでも傷めたきっかけのことを意味したものです。つまりそれによって起こるケガは打撲から骨折まで様々なわけで、その種類によって症状も治る経過も全く異なってきます。

傷病別でおおまかにみてみましょう。

①打撲(打ち身)
〈症状〉痛み・腫れ・場合によっては変色(内出血)
〈復帰まで〉数日~2週〈後遺症〉ほぼ無し

②捻挫(関節負傷)
〈症状〉①打撲症状 + 関節の痛み
〈復帰まで〉2~4週 〈後遺症〉腫れ 重症では関節のグラつき

③脱臼(関節が外れる)
〈症状〉変形・持続する痛み(脱臼がはまるまで)⇒ 脱臼がはまれば②捻挫同様症状
〈復帰まで〉3~6週〈後遺症〉腫れ 関節のグラつき並びに再脱臼

④骨折(骨負傷)
〈症状〉激痛・強い腫れ・強い内出血・場合によって変形&グラつき
〈復帰まで〉4~6週 場合によっては要手術〈後遺症〉場合によって変形・機能障害

⑤マレットフィンガー(指の腱断裂)
〈症状〉痛み・腫れ・指が曲がったまま伸びない 薬指に起こりやすい
〈復帰まで〉6週~数か月 骨折合併など場合によって手術〈後遺症〉伸びない機能障害

以上です。こうしてみると本当に様々ですよね。

復帰までの期間はあくまでも目安です。重症度によっても異なりますし、日常生活上の復帰なのか、競技上なのか、さらにはどんな競技なのかなど、ゴール設定によって変わります。

また、治ったと思っていても実は指の動きが十分に戻っていないことがあります。よく見かけるのが、拘縮(こうしゅく)と呼ばれるもので、指の関節の周りが固まってしまって動きを悪くしてしまっている状態です。そのためちょっとした刺激で痛んだり、さらには傷めやすくなっていたりします。ただしこの拘縮という状態は治せないものではありません。リハビリをきちんとしていけば柔らかくなり、また動かせるようになっていきます。

動かない指は何かと不便です。戻せる機能は戻せるとこまでしっかりと回復させましょう。

-院長コラム

Copyright© 直して治す治療院 |くろしん接骨院 , 2020 All Rights Reserved.